環境と暮らす住まいづくり

 日本という環境でどのように暮らしたいか。建築は古来その土地にある素材を組み合わされて作られており、その姿は力強く美しいと感じます。それは素材の力を生かし、自然と共生するということが、人の暮らしと一体化していたからだと思います。

 現代の日本ではそのような建築が失われてきてしまっていると感じ、素材の持つ力と私たちを取り巻く環境を見直すことから住まいづくりを始めたいと考えています。

風土 集落調査

2005年卒業研究モロッコ調査写真(東京理科大学理工学部建築学科初見研究室)

住まいの設計

 住まい手から、暮らしのご要望、ご希望をお聞きし、家族のあり様と建築空間と周辺環境の関係性をデザインする、自然と共に暮らす住宅設計を目指します。

 

建築構法

 日本に古来から伝わる木で建築を作るという事に学び、住まい手が安心できる丈夫で長持ちする家づくりを、現場にたずさわる職人さんと共に目指します。

環境性能

 身体に身近な自然素材を主体に使用しながら、生活が快適な温熱環境性能を持つ、エネルギーを多く使わずに暮らせる家づくりを目指します。


・NEWS

20.06.16 ブログ更新

19.11.20 HP立ち上げ

関東 | 小金井市を拠点としている住宅設計メインの設計事務所です。